スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
タイの出生率は地域最低!
タイの出生率は地域最低!


タイはアジアパシフィック16カ国間の発展途上国中、最低の
出生率でした。

昨日、アジア太平洋経済社会委員会(Escap)によって発表
された報告書によると2000年以来、地域の人口増加率は
1.1%までに減少しています。

Escapの2008年度のアジアパシフィック統計年鑑によると
地域内で最も出生率の低い国家は中国、シンガポール、
スリランカそしてタイです。

女性一人あたりの出産数は2000年から2005年までの2.4人
で前の5年間の2.9人から減少しました。

私達は日本のような人口の高齢化はよく知っているが現在
多くの国々で同じような減少が起こっているとEscapの
事務総長のノーリーン ヘイザーは述べました。

一旦出生率が2.1%以下になると地域の人口は減少に
向かうでしょう。



---------------------------------------
Thailand fertility rate one of region's lowest
---------------------------------------


Thailand is among 16 Asia-Pacific nations with

the lowest fertility rates in the developing world.


A report released yesterday by the Economic and

Social Commission for Asia and the Pacific (Escap)

says, since 2000, the region's population growth

has fallen to 1.1% a year.

------------------------------------------------
【情報元】
Bangkok Post

------------------------------------------------
タイも出生率の減少が進んでいるようです。

タイの子供は就学前から塾や習い事に通い、学校では
小学校から英語教育も始まります。

私学に通わせると学期の授業料が親の月給以上のところ
もあり親が高学歴なほど子供は少ないようです。


ただ地方に行けば何人もの子供を乗せてオートバイを
運転している姿を見かけます。

中国やシンガポールの出生率の減少はなんとなく分かり
ますがスリランカはどうしてなのでしょうか。




この英文の解説は後日メルマガにてさせていただきます。
メルマガ読者登録は下記まで



メールからでもブログ記事が読めます。メルマガ読者になりませんか。
『日本の新聞で知りえない現地英字新聞から極秘タイ事情』
メルマガ無料読者登録はこちら



海外、タイ関連ブログがたくさん
人気ブログランキングへ

タイ情報なら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

生活情報ブログランキング バンコク


タイランドハイパーリンクス

キングオブタイブログ


↓私も使っています。ここが一番安いかもw↓
タイのホテル予約はここが便利!

スポンサーサイト
関連エントリー
テーマ:タイ
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。