スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
タイ南部パタルン県の野鳥の楽園
野鳥観察愛好者(バードウォッチャー)は見逃せない!
タイ南部パタルン県の野鳥の楽園





タレーノイはタイ南部パタルン県クワンカヌン地区にある457平方キロ
メートルの湿地帯です。

そこはインドトキコウ(painted stork)、ムラサキサギ(purple heron)、
リュウキュウガモ(lesser whistling-duck)、カイツブリ(little grebe)、
セイタカシギ(black-winged stilt)、シロガシラトビ(brahminy kite)、
鵜(cormorant)、クロハラアジサシ(whiskered tern)などの生息地です。


かつて187品種、4万3千羽の鳥が生息していました。(これには毎年
10月から3月まで飛来する渡り鳥も含まれています。)


ただ近年は人類のこの野鳥の楽園付近での居住区の拡大、人口増加など
で減少しています。


1960年まで住民は鳥たちと平和に暮らしていましたがハンターが猟を
するようになり平和をコントロールすることが出来なくなりました。


そこで政府がこの地域を狩猟禁止地区に指定しました。タレーノイ野生
生物保護開発拡張ステーション局長のシリマニー チュムリエンさん
によると彼女の祖父の時代はオオヅルを普通に見ることが出来たがここ
10年は見かけていないとのことです。






-------------------
Bird trap
-------------------

A non-hunting area in Phatthalung puts the southern

province on birdwatchers' must-go list


Bird watching in Talay Noi Non-Hunting Area is a popular

activity that draws thousands of visitors to Phatthalung,

840 kilometres south of Bangkok, every year.

--------------------------------------------------------------
【重要語句】
trap:わな
Phatthalung:パタルン(タイ南部にある県)
Birdwatchers:鳥観察者たち、バードウォッチャーたち
Talay Noi:タレーノイ (タイ南部パタルン県クワンカヌン地区に
ある湿地帯)
Non-Hunting Area:狩猟禁止地区
Draw:引き付ける、引き寄せる

--------------------------------------------------------------
【参考訳】
鳥の罠(わな)

南部パタルン県の狩猟禁止地区は野鳥観察者たちにとって必ず行かな
ければならないリストです。
タレーノイの狩猟禁止地区での鳥観察は人気活動で毎年バンコクから
840キロ離れたパタルンに数千人もの訪問者を引き付けています。

--------------------------------------------------------------
【情報元】
Bangkok post

--------------------------------------------------------------
【編集後記】
日本の1.6倍もの国土を誇るタイランド、まだまだ野生の大国です。


タイの野鳥の写真が見たいという方はこちら。
タイの野鳥一覧(ウィキぺディアより)
名前をクリックすると写真が見れます

応援して下さいね
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓タイのホテル予約ならココが便利w↓
(私も使ってます!色々調べたけどココが一番安いかも)
http://www.agoda.jp/asia/thailand.html?site_id=1418512


スポンサーサイト
関連エントリーパタルン野鳥
テーマ:アジア
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。