スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
タイの(部分)皆既日食は22日の午前7時から9時8分まで
タイの(部分)皆既日食は22日の午前7時から9時8分まで


タイの専門家よると、は水曜日の朝にタイを含む6つアジア太平洋
の国々を横切る今世紀最長の皆既日食を午前7時から9時まで
タイに住んでいる人々は部分皆既日食を経験するまれな機会が
あります。

チュラロンコーン大学物理学部講師のポーンチャイ パチャリンタナクン
は7月22日の日食は21世紀中これまでで最も長い皆既日食
で最長時間は6分39秒です。

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると月の影の軌道はインドから
始まり、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー
そして中国を通ります。アジア大陸を通過後、日本の琉球諸島
を通り太平洋を通り南東へ曲がります。

ポーンチャイ氏はタイでは部分皆既日食が全国的に見えると
述べました。この自然現象はタイ-ミャンマー国境の
メーホンソンで午前7時に始まりラオスとの国境でタイ側の
メコン川沿いのムクダハン(Mukdahan)で午前9時8分に
終わります。

チェンライの住民は対で最も大きい満ち欠けの67%の日食
を観測することが出来ます。バンコクでは42%の日食になり
ます。

しかしポーンチャイ氏はタイは雨季であるので日食が見れる
確立は30%以下だろうと述べました。

この空の現象を見たい人々は日食観測用の安全な視覚透過システム
の適正な機器を使用するよう助言されました。

他の太陽を見る方法はピンホールカメラを通してみることです
と彼は述べました。



----------------------------------------------
Partial solar eclipse visible Wednesday in Thailand
----------------------------------------------

People living in Thailand would have a rare

opportunity to experience a partial solar

eclipse from 7am-9am on Wednesday morning as

the longest total solar eclipse of the century

traverses across six Asia-Pacific countries

including Thailand, according to a Thai academic.

-------------------------------------------------
【情報元】
MCOT English News

-------------------------------------------------
タイも日本ほどではありませんが皆既日食の話題が
盛り上がってきました。


英語読解はメルマガで


このブログがメルマガでも読めます。
『日本の新聞で知り得ない現地英字新聞から
極秘タイ事情』

メルマガ無料読者登録はこちら


この記事が良かったと思った方はクリック
していただけますと励みになります。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

キングオブタイブログ


メルマガ読むなら『まぐまぐ!』

↓私も使っています。ここが一番安いかもw↓
タイのホテル予約はここが便利!
スポンサーサイト
関連エントリー皆既日食
テーマ:タイ
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。