スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
ソンクラーン(タイ正月)中の酒販売禁止法案計画が破棄に
ソンクラーン(タイ正月)中の酒販売禁止法案計画が破棄に


今月のソンクラーン期間中の酒販売禁止法案が破棄されました。

当局は酒販売の禁止ですでに観光客数減少の被害を被っている
観光業界に影響が出ることを恐れていました。

国家酒類規制委員会3月30日に4月13日から15日の伝統
的な新年(ソンクラーン)期間中は酒禁止法はないと発表
しました。

その代わり徹底的な飲酒運転に対しての取り締まりを行います。

委員会(議長、副首相サナーン カチョーンプラサート)は
ソンクラーン期間中の酒販売禁止は観光業がさらなる打撃を
受けると述べました。

2時間に及ぶ関係機関との協議で解決策は決定しました。

観光スポーツ大臣のチュンポーン シルパアーチャー、
法務大臣のピラパン サリラワティパガ社会開発人間安全保障
大臣のイサラ ソムチャイ、副内務大臣のブーンジョン 
ワントライワット、副公衆衛生大臣のマニット ナパモーンボーデ、
副教育大臣のナリサラ チャワンタンピパットが会議に出席しました。

サナン氏はこの会議は重要な仏教休日の酒販売を公式に禁止して
いる総理府規則を発布を同意するために開かれました。これは
(今回の解禁は)タイの人々への贈り物であると述べました。

宗教日はMakha Bucha(万仏節)、Visakha Bucha(仏誕節)、
Asalaha Bucha(三宝節)、Khao PansaまたはBuddist Lent
(入安居)が含まれています。

関係機関はソンクラーン期間中の飲酒運転並びにトラックの荷台での
飲酒を禁止するキャンペーンを行います。

ソンクラーン期間中の酒類の販売は既存の規則通り午前11時から
午後2時までと午後5時から12時までです。

今回の会議での決定は酒類販売禁止による8万人以上の海外からの
観光客が訪れるであろうソンクラーン期間中の観光業界への影響を
考えて決定しました。

酒類販売禁止を強要すると海外からの観光客がいなくなってしまう
だろうと述べました。

もし酒類販売禁止されたら違法酒類販売が増えることも心配して
いました。

酒類販売を禁止しない調査結果は政府は醸造所とアルコール蒸留
業者の言いなりにあったとして結果を拒否しました。

委員会は観光業界への影響と違法酒類販売増加を危惧したことに
なりました。

副公衆衛生大臣のマニット氏は酒類販売を提案したが委員会の
決定に落胆はしていないと述べました。

また禁酒キャンペーンの努力は無駄にはならないと述べました。

省は総理府にソンクラーン期間中の公的な場所での禁酒規則発布
するよう推進するでしょう。

アルコールワッチネットワーク(Alcohol Watch Network)
コーディネーターのカムロン チョーデーチャー氏はサナン委員会
で禁止規則が否決されたことについて激しく非難しました。

交通事故死亡者と負傷者を簡単に減らすことが出来たのに委員会は
無感覚であると述べました。





-------------------------------------------
Plan to ban alcohol sales for Songkran gets canned
-------------------------------------------


Plans to ban the sale of alcohol during next month's

Songkran festival have been scrapped.


Authorities fear a ban will harm the already damaged

tourism industry.


The National Committee for Alcohol Consumption Control

yesterday said there would be no alcohol ban during the

traditional new year from April 13 to 15.


Instead it had opted to launch an intensive campaign

against drink-driving.

---------------------------------------------------------
【重要語句】
ban:禁止する canned:やめた
be scrapped:廃案になる authorities:当局

---------------------------------------------------------
【参考訳】
ソンクラーンの酒販売禁止法案計画が破棄される

来月のソンクラーンの酒販売禁止計画は破棄されました。

当局はすでに損害を受けてる観光業界に悪影響が出ることを

恐れました。

国家酒類規制委員会は昨日4月13日から15日の伝統的な新年

の期間中は酒(販売の)禁止はないだろうと述べました。


その代わり徹底的な飲酒運転に対しての取り締まりを行います

---------------------------------------------------------
【情報元】
Bangkok Post

---------------------------------------------------------
【編集後記】
ようやくソンクラーン期間中の酒類の販売許可が出たようです。
レストランなどでお酒を飲むのは問題ないかと思いますが公的な場所では
謹んでほしいですね。

ソンクラーンまで2週間を切りました。

今年は経済不況の影響で製造業など長期の休みになるところが
多いようです。


メールからでもブログ記事が読めます。メルマガ読者になりませんか。
『日本の新聞では知りえない現地英字新聞から極秘タイ事情』
メルマガ無料読者登録はこちら


応援して下さいね
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓私も使っています。ここが一番安いかもw↓
タイのホテル予約はここが便利!



スポンサーサイト
関連エントリーソンクラーン
テーマ:タイ
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。