スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
チェンライ県のチェンセーンと対岸のラオスのスワンナコムカムを世界遺産に申請へ
チェンライ県のチェンセーンと対岸の
ラオスのスワンナコムカムを世界遺産に申請へ



タイ文化省は古代タイ都市のチェンライ県の
チェンセーンおよびラオスの都市のスワンナコムカム
(Suvannakhomkham)を共同世界遺産地域として提案
します。

約500年から600年前の境界横断古代複合都市の
チェンセーンスワンナコムカムはずっと昔に今日の
タイとラオスの先駆者がそのユニークな文化を発展させ
中国とインドからの文化を吸収するメコン川に玄関口
であるとタイ文化大臣のティーラ スルクペッチは述べ
ました。

文化省は来年ユネスコに4つの他の史跡を考慮のため
推薦する予定です。

他の4つの遺産サイトは南のシリウィチャヤ(Srivichaya)
文化遺産、北のランナー文化、チャオプラヤ川流域の
中央部の文化、ラタナコーシン時代の独特なナリサラ 
ヌワティボンセ王子(Prince Narisara Nuvativongse)
の建造物です。

タイ東北部の県のウドンタニのプープラバット歴史公園
(Phu Phrabat histrical park)と北部の県の古代
クメール寺院らがユネスコの暫定リストに提案しています
と彼は付け加えました。

タイはユネスコへの推薦のためにクメール寺院の詳細を
提出する予定です。

--------------------------------------
Thailand to propose Thai-Lao old cities
to be joint world heritage
--------------------------------------

Thailand’s Ministry of Culture will propose

the ancient Thai city of Chiang Saen and the

companion Lao city of Suvannakhomkham to be

listed as joint world heritage sites.

----------------------------------------------
【情報元】
MCOT English News

----------------------------------------------
タイとラオスの関係はプレアビヒアの世界遺産登録で
もめているカンボジアとの関係とは違い良好のようです。

二国間にまたがる地域が世界遺産に登録されれば
両国の交流がさらに発展するのではないでしょうか。


英語読解はメルマガで

このブログがメルマガでも読めます。
『日本の新聞で知り得ない現地英字新聞から
極秘タイ事情』

メルマガ無料読者登録はこちら


この記事が良かったと思った方はクリック
していただけますと幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

キングオブタイブログ

FC2 Blog Ranking

↓私も使っています。ここが一番安いかもw↓
タイのホテル予約はここが便利!
スポンサーサイト
テーマ:タイ
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。