スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
タイではじめてのインフルエンザA(H1N1)の感染患者か
タイではじめてのインフルエンザAH1N1)の感染患者か


公衆衛生大臣のウィタヤ ゲゥパラダイはH1N1インフルエンザが
発生して以来、25人のウイルスに感染の恐れのある患者を注意
深く観察してきているがすでに15人は家に帰ることを許可され
残りの10人は観察中であると述べました。

ウィタヤ氏は医学科学庁は1人の患者がH1N1ウイルスに感染したであろう
と信じていると述べました。患者から取り出された医療サンプルはアメリカ
の疾病予防センターに送られる予定です。大臣は患者の個人の医療経歴を
公表することはしませんでしたが彼或いは彼女は海外を旅行中にウイルスに
感染しました。

患者はインフルエンザの兆候から回復し現在は公衆衛生省から提供された
Oseltamivir(オセルタミビル、タミフル)での治療中です。

ウィタヤ氏は患者はもうH1N1ウイルスを広める可能性はないが念のために
まだ観察下に置いていると述べました。患者の家族についても公衆衛生省の
役員の観察下にあると述べました。

その間、サンプルはテストのためにアメリカに送られました。なぜなら患者
から発見されたH1N1ウイルスが古いウイルス株か新しいウイルス株かが
わからないためです。7日以内テスト結果が出る予定です。


---------------------------------------------
Ministry of Public Health reports one possible case of
H1N1 flu in Thailand
---------------------------------------------


Minister of Public Health Witthaya Kaewparadai

reports that ever since the outbreak of the H1N1 flu,

his ministry has kept a close watch on 25 patients

suspected of contracting the virus. So far 15 patients

have been allowed to return home, while the other 10

remain under observation.

----------------------------------------------------
【情報元】
National News Bureau of Thailand

----------------------------------------------------
タイでも感染者が出た模様です。

タミフルはこのインフルエンザAには有効なのでしょうか。



メールからでもブログ記事が読めます。メルマガ読者になりませんか。
『日本の新聞で知り得ない現地英字新聞から極秘タイ事情』
メルマガ無料読者登録はこちら



海外、タイ関連ブログがたくさん
人気ブログランキングへ

タイ情報なら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

生活情報ブログランキング バンコク


タイランドハイパーリンクス

キングオブタイブログ


FC2 Blog Ranking

↓私も使っています。ここが一番安いかもw↓
タイのホテル予約はここが便利!
スポンサーサイト
テーマ:タイ
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。