スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連エントリー
スカイトレイン延長線開通でフェリー業者が大打撃
スカイトレイン延長線開通でフェリー業者が大打撃

タクシン橋の下で運営するフェリー事業者が昨日、BTS電気鉄道
ウォンウェンヤイを結ぶ延長線の開通で収益低下を訴えました。

事業者はこのまま人々が電車を指示してボートを避け続けたなら
仕事を変える必要があるでしょうと述べました。

タクシン駅から新しく建設されたウォンウェンヤイ駅までの延長線
は3ヶ月間無料で乗車出来ます。フェリー事業者は乗客が無料乗車
期間終了後に戻ってくるかは定かでありません。

サブタナコーン Coのオーナーのブーンセーム スパポーンは
乗車賃は1回あたり3バーツですが平日の乗客数は1万2千人から
30%の減少、週末は7千人から70から80%の減少を見込ん
でいます。

電車と比較するとフェリーを利用するのは間違いなく便利ではなく
埠頭には道路がなく埠頭まで長い道を歩かなければなりませんと
ブーンサーム氏は述べました。

もし電車が彼の乗客を奪うようであれば彼はフェリーサービスを
やめ水上レストランに変える必要があるでしょうと述べました。

現在は午前5時30分から午後11時までの営業を午前5時30分
から午後8時までに営業時間短縮を計画しているだけです。新しい
ボート購入計画は延期されました。

縮小なしでは70人の従業員がいる彼の会社長い間生き残ることは
出来ませんとブーンセーム氏は述べました。


BTS鉄道網を管理するバンコク都庁(BMA)はオンヌットからソイ
スクムビット105(ソイバーリン(Baring)までの延長線は
2011年初頭の開通予定です。


-----------------------------------------
Extended train line hurts ferry operator
-----------------------------------------

Ferry operators under the Taksin Bridge

complained of a drop in revenue with the

opening of the extended BTS electric railway

line for commuting to Wong Wian Yai yesterday.

-------------------------------------------
【情報元】
Bangkok Bank
(この記事は5月16日の記事を元にしました)
-------------------------------------------
フェリーの存続はBTSの乗車賃有料化の後に
判明するということでしょうか。


このブログがメルマガでも読めます。
『日本の新聞で知り得ない現地英字新聞から
極秘タイ事情』

メルマガ無料読者登録はこちら



この記事が良かったと思った方はクリック
していただけますと幸いです。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

キングオブタイブログ

FC2 Blog Ranking

↓私も使っています。ここが一番安いかもw↓
タイのホテル予約はここが便利!
スポンサーサイト
関連エントリーBTS延長線タクシン駅ウォンウェンヤイ
テーマ:タイ
ジャンル:海外情報
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。